HOMEフォトギャラリー
当医師会員の作品です。
平成26年 10月号 
ようこそ秋へ…佐藤 誠

 初めての道路、トンネルを抜けるときは期待が膨らむ



平成26年 9月号 
筆下虹あり秋の水飛ぶ五十尺(露月)・・・間宮繁夫

 暑い日が続いていた時は、海辺の駐車場は満杯になっていました。そこから山側に入った森の中に、亀田不動滝があります。高さ25m、幅10mの滝で、林道から滝壺へ向かうと、数人の人が涼をとっていました。ここで一句とはいきませんでしたが、石井露月の句碑は、林道のすぐ脇にありました。

平成26年 8月号 
此のあたり目に見ゆるものは皆涼し(芭蕉)・・・黒川博之

 8月号の表紙写真を依頼されて撮りためていた写真の中から4葉を選んで送ったらS先生がこれを選びスカシユリの花の名前も教えてくれました。海辺とくに日本海を見下すこの断崖は思索には全く適さない。ここではこの空と海に向かい百合のように何一つ考えず求めず、航海表を捨て静かに航海に出かける場所だ。私がカラになれるこの場所は恩寵である。
 場所は三崎公園。ライカルミックス自動シャッター。タイトルは芭蕉の元禄六年の句。

平成26年 7月号 
初夏の鳥海山・・・佐藤 誠

 初夏の鳥海山、残雪の山は湖に映え美しさは一層増す。

平成26年 6月号 
椿は落ちつくして落ちたまゝ(山頭火)・・・間宮繁夫

椿が落ちて桜が散ったのか、それとも同時に散ったのでしょうか。散った花の横では、ツツジが咲き始めています。散る花に、咲く花。花もいろいろ、人生いろいろ。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22
[編集]
CGI-design     ※この画面ダウンロード、スクリーンショット、印刷を禁じます。