HOMEフォトギャラリー
当医師会員の作品です。
平成19年 7月号  
【ころり寝ころべば青空】(山頭火)・・・ 間宮 繁夫

重いカメラと三脚を置いて、軽いカメラを持ってぶらぶら行くと、このような風景に出会いました。夏の青い空、青い海を大きく一枚。

Fuji GA645PRO.Super EBC Fujinon 60mm.RVP

平成19年 8月号  
【光 の 舞】・・・ 進藤 健次郎

 花火の写し方は昨年の8月号に書きましたが、花火によっては目で見た感じと大分ちがって写ります。この写真も数秒露出する事で目でみた残像よりもはるかに長い光跡が写っています。
又、写す時には一応プログラムを見てはいますが、どの場所に、どの高さに上がるかは、はっきりしません。この写真のように、画面をはみ出すこともボリュームを感じさせて成功です。

平成19年 9月号  
【秋空に向かって跳べ】 ・・・ 加藤 一雄

仁賀保の7号線沿い建つフェライト子供科学館の横に、サイエンスパークがあり子供たちの遊び場になっている。もう秋 ふわふわドームを跳ぶ子供たちの声も体も弾んでいた。

データ
カメラ ハッセルブラッド503CX
レンズ プラナー80mm F2,8
絞 り f8 1/250 PLフィルター
フィルム ヴェルビア100

平成19年10月号  
【日の暮の背中淋しき紅葉哉(一茶)】 ・・・ 間宮 繁夫

紅葉が川となって、こちらに流れて来るようだ。美しく紅葉した葉も、嵐により落とされ淋しそうでもある。春には、「花に嵐」のたとえもあるが、秋にも「紅葉に嵐」とも言えそうだ。

CONTAX 645.Makro-Planar T * 120mmF4.f32.11''.RVP.

平成19年11月号 
【鳥海山北面の紅葉】・・・ 進藤 健次郎

康新道から鳥海山北面の紅葉を眺めたものです。尾根筋に出ると迫力あるパノラマが視界いっぱいに広がります

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22
[編集]
CGI-design     ※この画面ダウンロード、スクリーンショット、印刷を禁じます。